1. ホーム
  2. 生産情報

Inforrmation生産情報

生産者紹介

今泉 勝敬

有限会社今泉養魚 

1965年生れ 
愛知県立三谷水産高等学校を卒業後、奥三河淡水漁業生産組合信州松川養魚場でニジマス養殖の基礎を学ぶ。1987年に独立し高松養魚場を設立、現在に至る。
1993年 (有)今泉養魚を設立し代表取締役に就任。
1996年 愛知淡水養鱒研究会発足。会長に就任し中心的な立場で運営にあたる。
2012年 愛知県淡水養殖漁業協同組合の理事に就任。
 ※愛知淡水養鱒研究会・・・愛知県淡水養殖漁業協同組合の組合員、職員、愛知県水産試験場、飼料メーカーで構成される組織。マス類の養殖技術に関する研究、イベントを通じた啓蒙活動、加工品の新商品開発、
鱒類養殖に関する情報交換等、幅広いテーマで活動しています。

9425d415493c87d47276b8dd95c36300

加工原料に特化した養殖

高松養魚場では、加工原料向けに特化した養殖を行っています。一般のニジマス出荷サイズは100g前後なのに比べ、加工原料向けは、30g~80gのサイズで出荷されます。加工原料に求められる条件の異物混入対策、出荷サイズ管理、身質管理、鮮度管理に対応した養殖を行っています。
鱒cotteで販売されるニジマス加工品は、主に高松養魚場で生産されたニジマスを使用しています。原料からこだわった加工品を是非味わってみてください。

加工原料に特化した養殖

魚病の予防に重点を置いた環境

魚病の予防に重点を置いた魚づくり
防疫管理を徹底し、魚病を持ち込まない環境づくりを心がけています。また、種苗を100%自家生産することで種苗の安全性を確保し、種苗由来の魚病の侵入も防止しています。
魚病に対する抵抗力を強める混合飼料を利用し、病気に罹りにくい魚づくりを徹底しています。魚病予防に重点を置くことで、魚病の治療薬の使用を極力抑えた養殖を実現しています。

魚病の予防に重点を置いた環境

高松養魚場

生産規模
養魚池 ニジマス(加工原料向け) 40t
    絹姫サーモン(鮮魚向け) 8t

高松養魚場

宇連養魚場

生産規模
種苗生産施設 アマゴ稚魚 2g 40万尾
ニジマス稚魚 2g 120万尾
絹姫サーモン稚魚 2g 30万尾
養魚池    ニジマス 110t  
       アマゴ 10t
       絹姫サーモン 10t

宇連養魚場